しまづ幸広(日本共産党衆議院議員)-浜岡原発廃炉、静岡から政治を変えよう

国会質問

12日の内閣委員会で、「医療分野の研究開発に資するための匿名医療情報に関する法律案」の審議・採決がおこなわれ、質問に立ちました。 この法案は、患者が自ら拒否を申し出ない限り、治療などのデータが集められ、「認定事業者」が匿 ... 続きを読む →

10日の内閣委員会で大臣所信にたいする質疑をおこないました。 テーマは、成年後見制度と雇用促進住宅問題。昨年からとりあげてきた課題です。 成年後見制度では、高齢者や認知症などの方を支援する制度ですが、本人の意思決定を支援 ... 続きを読む →

23日の予算委員会分科会で、浜岡原発の「避難計画」と原発の必要性、輸出政策について質問しました。 浜岡原発が重大事故をおこせば、31キロ圏内の約94万人が避難することになります。巨大地震との複合災害となれば、避難先は北陸 ... 続きを読む →

30日の内閣委員会でカジノ解禁法案の審議が強行され、急きょ質問に立ちました。 国会の会期の延長を決めた29日の本会議直後に内閣委員会の理事懇談会が突然開かれ、与野党合意のないまま委員長が職権で委員会開催を決め、自民、公明 ... 続きを読む →

25日は内閣委員会で「官民データ活用推進基本法案」の審議がおこなわれ、質問に立ちました。 国、地方公共団体、独立行政法人が保有する個人情報を民間企業が利活用できようにして、イノベーションを興し、利益を上げられるようにする ... 続きを読む →

24日の科学技術・イノベーション推進特別委員会で質問。短期で成果を求める科学政策から、基礎研究の拡充に転換するよう求めまました。 人件費など大学を支える基盤的経費は、この10年間で国立大学の運営費交付金は約1500億円も ... 続きを読む →

2日の内閣委員会で、人事院勧告にたいする質疑と、人勧にもとづく国会公務員の給与法案の質疑をおこないました。関連する質疑とはいえ、〝ダブルヘッダー〟の質疑は初めてです。 人勧は、官民格差が生じているとして3年連続して月例給 ... 続きを読む →

28日の本会議で「パリ協定承認」議案の質問に立ちました。 「パリ協定」は、産業革命後の地球の平均気温の上昇を2度未満、できれば1.5度に抑え、今世紀後半の温室効果ガスの排出を「実質ゼロ」にするために、先進国も途上国も参加 ... 続きを読む →

26日の内閣委員会で、通常国会から継続となっていた宇宙2法案が審議され、質問に立ちました。 ロケットの打ち上げ、衛星の管理を許認制に規制する「宇宙活動法案」と、「テロ対策」等を名目に最新の宇宙技術で得た衛星からの情報を政 ... 続きを読む →

内閣委員会の大臣所信にたいする質疑が19日おこなわれ、質問に立ちました。 取り上げたのは、海外FX(外国為替証拠金取引)被害問題と、リニア中央新幹線の経済効果。 海外FXは、円やドルなどの通貨を売買して利益を出す投資。「 ... 続きを読む →

© 2004 - 2017 Japan Communist Party.