しまづ幸広(日本共産党前衆議院議員)-浜岡原発廃炉、静岡から政治を変えよう
要請・申し入れ

戦争法案廃案へ!愛知、三重、静岡の保険医協会のみなさんと

カテゴリー:

戦争法案の行方が大詰めを迎えた17日の午前、愛知県、三重県、静岡県の保険医協会のみなさんが、「安全保障関連法案の廃案を求める要請」にみえられました。

006

緊急の党議員団総会が開かれるため、本当に短時間の懇談でしたが、昨日からの審議の推移とこれからの動きを説明。「ここまで追い込んできたのですから、廃案に追い込むため最後まで力をあわせてがんばりましょう」と訴えました。(静岡県のみなさんには、このときお会いできませんでした)

戦争法案を審議している参議院の特別委員会は、与党が昨日の地方公聴会の直後に、締めくくり質疑、審議終結を狙ったもの、国会周辺の集会をはじめとした国民の強い怒りと抗議のなかで、委員会が開かれず本日にずれ込んでいます。

008

毎月国会に要請にこられる保険医協会のみなさんもそうですが、国民の自発的な運動はこれまでの日本にはなかったもので、志位委員長は「大きな希望」と表現していました。昨日の国会前行動は日付が変わった未明まで続き、議員室にもしっかりコールが届いています。

 

© 2004 - 2021 Japan Communist Party.