しまづ幸広(日本共産党衆議院議員)-浜岡原発廃炉、静岡から政治を変えよう
集会・激励

「共謀罪」法案強行採決うけ抗議集会で廃案訴え

カテゴリー:

「共謀罪」法案が19日、衆院法務委員会で自民、公明、維新によって強行採決されました。日本共産党国会議員団は、ただちに国会前での抗議集会にかけつけ、藤野保史議員が委員会の経過を報告、「力を合わせて廃案に」と訴えました。

私も委員会を傍聴していましたが、今日の質疑の最後に立った維新の会の議員が質問の最後に、「十分審議してきた。もういいでしょう」と採決を要求。これをうけて自民党から質疑終結・採決の動議らしきもの(混乱して聞き取れず)がだされ、数の暴力が繰り広げられたのです。

何の役にもたたない修正で与党と合意して、強行に手を貸した維新の会の正体は、安倍内閣の「補完勢力」「別動隊」であり、与党そのものだということがはっきりしました。

暴走安倍内閣、自民・公明・維新に、次の総選挙で審判をくだし、退場させましょう。

 

© 2004 - 2017 Japan Communist Party.