しまづ幸広(日本共産党前衆議院議員)-浜岡原発廃炉、静岡から政治を変えよう
議員活動

共謀罪に反対する院内集会に参加・大垣警察市民監視違憲訴訟のみなさんと懇談

カテゴリー:

9日開かれた共謀罪に反対する院内集会に参加。主催は、「共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会」で、「共謀罪NO!実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が共催しました。

民進党、社民党、沖縄の風の議員とともに、日本共産党を代表して藤野保史議員があいさつしました。

この集会で報告した「大垣警察市民監視違憲訴訟」のみなさんが、集会後に議員室にみえられ、懇談しました。

この事件は、近くの山の尾根に風力発電計画がすすめられていることに不安を抱いた市民が開いた勉強会を警察が監視。開催した地元の住民や原発、平和の活動をしていた市民の氏名、学歴、職歴、病歴などの個人情報を警察が風力発電の建設を計画していた事業者に提供していたというもの。

憲法違反のこの暴挙にたいして、岐阜県警・県公安委員会は「通常の警察業務の一環」と居直っています。

一般の市民が監視される…まさに共謀罪を先取りするような大垣の事件。共謀罪は絶対に廃案にしなくてはなりません。

 

© 2004 - 2018 Japan Communist Party.